So-net無料ブログ作成
検索選択

「マンション更新料は無効」高裁判決3件目 大阪(産経新聞)

 京都市北区の賃貸マンションの家主が、更新料を支払わない借り主に10万6千円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。紙浦健二裁判長は「更新料は賃貸人や管理業者の利益確保を優先した不合理な制度で、消費者契約法により無効」として、請求を棄却した1審京都地裁判決を支持、家主側の控訴を棄却した。

 借り主側の代理人によると、高裁が更新料を無効と判断したのは3例目。有効とした判決も1例あり、判断が分かれている。

【関連記事】
マンション更新料返還求める訴訟で家主の控訴棄却 大阪高裁
マンション更新料「無効」求め20人が一斉提訴 京都地裁
マンション更新料、大阪高裁は「有効」判決
マンション更新料訴訟、決着は最高裁へ
「更新料」支払いは必要? 契約前にきちんと確認

所持金44円の男が焼き肉23点、12時間無銭飲食(スポーツ報知)
データ活用の倫理方策、当面は既存の指針で対応―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
仲井真沖縄県知事が日米合意案に不快感(産経新聞)
【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(下)「長すぎたのではないですか」(産経新聞)
中期経営計画を発表―アステラス製薬(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。