So-net無料ブログ作成
検索選択

古都京都の文化財

古都京都の文化財(こときょうとのぶんかざい)は、京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に存在する寺院等の総称。1994年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録された。遺産賀茂別雷神社 (上賀茂神社)賀茂御祖神社 (下鴨神社)教王護国寺 (東寺)清水寺現在は分離している地主神社を含む延暦寺醍醐寺仁和寺平等院宇治上神社高山寺西芳寺 (苔寺)天龍寺鹿苑寺 (金閣寺)慈照寺 (銀閣寺)龍安寺西本願寺二条城登録基準この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた。(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。具体的には、(2) 京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとって主要中心地であった。そのように、京都は日本の文化的伝統の創出において決定的な役割を果たし、特に庭園の場合において、それは19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えた。(4) 京都の現存文化財における建築と庭園設計の集積は前近代における日本の物質文化のこの側面に関する最高の表現である。拡大登録計画登録当時から時間が経過し周辺環境や景観の悪化が進行しつつあるため、京都市を中心に遺産の追加登録計画が持ち上がっている。具体的には、知恩院大徳寺永観堂禅林寺が登録に前向きの姿勢を示しており、京都市が京都御所嵯峨嵐山一帯の追加登録を目指している。また東山一帯桂離宮修学院離宮についても検討している。[1]画像関連項目日本の世界遺産世界遺産の一覧外部リンク京都市情報館 - 世界遺産「古都京都の文化財(京都市・宇治市・大津市)」 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E9%83%BD%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1」より作成カテゴリ: 日本の世界遺産 | 世界遺産 か行 | 京都府の建築物 | 滋賀県の建築物 | 京都府の観光地 | 滋賀県の観光地 | 京都市 | 宇治市 | 大津市

自転車で女性つけ脇腹触る…救急隊員「魔がさした」(読売新聞)
<訃報>白石正三さん51歳=元プロテニス選手(毎日新聞)
普天間に複数の選択肢、と米上院議員(読売新聞)
10〜12月期GDP、実質年4.6%増=3期連続プラス成長−内閣府(時事通信)
予科練こんなだった、資料・遺書など展示(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。